So-net無料ブログ作成
検索選択

デスクトップアイコンを何個くらい置いていますか?(Business Media 誠)

 仕事をしていると、気付かないうちに増えてくるのがデスクトップアイコン。どのように整理している人が多いのだろうか。

 アイシェアの調査によると、「日常よく使うPCのデスクトップ上には、常に何個くらいデスクトップアイコンが置いてありますか?」と尋ねたところ、最も多かったのは「10個〜20個未満」で31.3%。以下、「2個〜10個未満」が29.2%、「20個〜30個未満」が18.1%、「30個以上」が13.4%、「2個未満」が8.0%で続いた。

 男女別に見ると、「2個未満」(男性10.8%、女性4.6%)や「30個以上」(男性15.8%、女性10.4%)の割合は女性より男性の方が高く、男性はデスクトップがきれいな人と汚い人で二極化しているようだ。

 「デスクトップアイコンはどのくらいに1度のペースで整理していますか?」と聞くと、最も多かったのは「1カ月〜3カ月未満」で20.9%。以下、「6カ月〜1年未満」が16.9%、「3カ月〜6カ月未満」が14.0%、「1年以上」が13.0%、「1週間〜1カ月未満」が11.0%で続いた。一方、「1度も整理したことがない」という人も15.3%いた。男女別に見ると、1カ月に1回以上整理している割合は女性(15.9%)より男性(23.2%)の方が高いようだ。

 どのように整理しているかを尋ねると、「手作業」が93.6%と、「OS付属のデスクトップクリーン機能」(4.2%)や「有料ソフトウエア」(1.5%)を大きく上回った。

 インターネットによる調査で、対象は20代〜40代の男女537人(男性55.3%、女性44.7%)。調査期間は4月30日から5月10日。

【関連記事】
路上パソコン族「ストリートコンピューティング」って、どんな人?
パソコンのキーボードに求めることは
「手抜きしている」「掃除をしろとうるさい」――家事の分担で過半数が不満

「関西での基地受け入れ」橋下知事発言の真意はどこに? 府民不在と違和感も(産経新聞)
<三島由紀夫賞>東浩紀さん「クォンタム・ファミリーズ」に(毎日新聞)
<男性遺体>トイレのマンホール内で発見 新潟・上越の公園(毎日新聞)
北日本は冷夏に注意=7月は雨多く―気象庁3カ月予報(時事通信)
<石綿訴訟>国の不作為認め、賠償命令 大阪地裁(毎日新聞)

不当に低い人事評価で昇給遅れ、小学校教諭勝訴(読売新聞)

 不当に低い人事評価を受けて昇給が遅れたとして、東京都世田谷区立小学校の男性教諭(57)が、都や区を相手取り、都人事委員会による昇給延期措置の取り消しなどを求めた訴訟の判決が13日、東京地裁であった。

 青野洋士裁判長は「授業を継続的に観察せずに誤った評価をした」などとして、措置の取り消しと慰謝料など約13万円の支払いを命じた。

 原告側の代理人弁護士によると、人事評価の誤りを認めた判決は異例という。

 判決によると、教諭は同区が運営する神奈川県三浦市の病弱児向けの教育施設に勤務していた2004年度に5段階のうち下から2番目の「C」評価を受け、定期昇給が3か月間遅れるなどした。教諭は05年8月、都人事委員会に昇給を延期しないよう求めたが、08年3月に棄却された。

 判決は、同施設側が教諭の授業を2回しか見ていないと指摘し、「授業の進め方に問題がある」などとした評価は誤りとした。教諭が校長の面接指導を受けるなど精神的苦痛を受けたと認めた。

 教諭の請求を退けた同委員会の判定についても「事実把握が不十分」とした。判決後、同委員会は「判決内容を精査し、対応を検討していきたい」とのコメントを出した。

韓国艦沈没、米含め緊密連携し対応…日韓外相(読売新聞)
<大阪ポリ袋遺体>身元は36歳女性 首に絞められた跡(毎日新聞)
<火災>民家全焼 68歳男性死亡か 神奈川・海老名(毎日新聞)
重体女児が死亡=逮捕の母親、虐待疑いも―静岡県警(時事通信)
国公法改正案、きょう衆院通過(産経新聞)

痴漢多発の埼京線、防犯カメラ設置車両で被害ゼロ(産経新聞)

 警視庁と埼玉、千葉、神奈川の1都3県の警察が4月15日〜21日の7日間に実施した電車内や駅構内での集中取締週間に、痴漢や公然わいせつなどの現行犯で78件、77人が検挙されたことが6日、警察庁のまとめで分かった。このうち逮捕者は49人。容疑者の中には、車内で警戒中の捜査員が1人の被害者に対する犯行を確認した直後、再び同じ車内で別の被害者に対して犯行に及んだ者も1人いた。

 犯行の状況では電車内での痴漢が58人で最多。次いでエスカレーターや階段など駅構内での盗撮が11人、車内での盗撮が4人、車内での強制わいせつが3人、車内での公然わいせつが1人。

 検挙の路線別分布では、京王線とJR中央線がともに6件で最も多く、次いでJR埼京線が5件。西武新宿線とJR総武線、山手線、東京メトロ千代田線が各4件−など。

 埼京線は、痴漢多発路線としてJR東日本が対策に乗り出し、車内防犯カメラを設置した車両を編成しているが、5件はいずれも防犯カメラがついていない車両で検挙されており、警察庁では「(犯人が)防犯カメラの設置車両を避けたのではないか」と分析。防犯カメラに一定の効果があるとみている。

 容疑者を年代別でみると、30歳代が24人▽40歳代が21人▽20歳代が16人▽50歳代が9人▽10歳代が5人▽60歳代が2人−の順。最年少は16歳、最年長は62歳だった。検挙者のうち48人は会社員だった。

 検挙された77人のうち、痴漢や強制わいせつでの検挙歴がある者は37・7%にあたる29人で、平成21年の全刑法犯中に占める再犯率(32・6%)を上回っており、痴漢・強制わいせつ犯罪の再犯性の高さが裏付けられる格好となった。

 被害者77人のうち26人が高校生。17人が会社員、14人が大学生だった。年齢では、15歳〜19歳が40人で突出。痴漢被害の大半が、10歳代後半の高校生・大学生に集中していることを示す結果となった。

【関連記事】
電車内の防犯カメラ、賛成か反対か 小宮信夫氏、水野正氏
女子高生200人がお願い! 警視庁など痴漢撲滅キャンペーン
女性警察官に痴漢した男逮捕「手が当たっただけ」と否認
女装男が男を…性同一性障害患者の「痴漢」に周囲フクザツ
駆けつけた警官の前で女性の尻触る 容疑の男逮捕
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

鳩山首相祖父の墓に黄色いペンキ(スポーツ報知)
富士ソフト元課長代理を逮捕=2700万円背任容疑−大阪府警(時事通信)
皇太子ご一家、御料牧場からご帰京(産経新聞)
難しい言葉多く、意味は?…子ども手当申請書(読売新聞)
四半世紀ぶり?快晴GW 東京地方(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。